about

このブログは、僕が美味しい日本酒を求めて食べ歩き、飲み歩いた記録です。

コンセプトは、単なる「居酒屋巡り」ではなく、業態に関わらず「美味しい日本酒が飲めるお店」を集めた食べ歩き紀行にしていきたいと思っています。ですからバーのようなお店も、酒屋(角打ち)や酒蔵などが登場することもあるかもしれません。

ここで紹介させていただいているお店は、すべて僕が本当に気に入ったお店だけです。お店の悪い部分もウソも書きたくないので、心から「美味しいなぁ」とか「素敵だなぁ」と思ったことだけ書いていくつもりです。

また『玄人による玄人にしか分からない日本酒談義』にはしたくない、と思っています。「日本酒が好き」であれば誰でも分かるような表現を心がけていきます。そして、日本酒にあまり馴染みのなかった人が日本酒に触れるきっかけになればこの上ない幸せです。

日本酒を愛するひとりの人間として、酒をつくる立場(酒蔵)でもなく、酒を流通させる立場(酒屋)でもなく、酒を提供する立場(飲食店)でもなく、「酒を純粋に楽しむ立場」として少しでも日本酒界に寄与できる存在になっていきたいです。そして、世界でも類をみないこの日本独特の飲料文化である"SAKE"を愛する人が増えて、日本酒シーンがさらに盛り上がってくれることを願っています。



日本酒に関する知識に関していえば、僕などまだまだ未熟者ですが、日本酒を愛する気持ちは誰にも負けないと自負しています。このブログを通して日本酒についてさらに深めていき、日々美味しく勉強していきたいと思います。

ちなみに僕が日本酒を好きになったきっかけは、十四代などの「香りのよい華やか系」の日本酒を飲んだことでしたが、最近はいわゆる「辛口系」でも、燗に向きそうなしっかり系や熟成系でも、お料理やシチュエーションに合わせて何でも楽しめるようになってきました。特に最近では、ダラダラとずーっと飲んでられる、飲み疲れしないタイプのお酒が好きです。

2013年10月1日、偶然ですが「日本酒の日」に伺った三軒茶屋の赤鬼さんからスタートさせていただき、これからどんどん素敵なお店を紹介していきたいと思います。どうぞ、宜しくお願いいたします。

直野 秀治郎

旨い酒があるから店に行くのか
いい店があるから酒を飲むのか


2013年10月1日
直野 秀治郎

このBLOGに対するご意見やご感想、どしどしお寄せください。
→ こちらまで

about



このブログは、僕が美味しい日本酒を求めて食べ歩き、飲み歩いた記録です。

コンセプトは、単なる「居酒屋巡り」ではなく、業態に関わらず「美味しい日本酒が飲めるお店」を集めた食べ歩き紀行にしていきたいと思っています。ですからバーのようなお店も、酒屋(角打ち)や酒蔵などが登場することもあるかもしれません。

ここで紹介させていただいているお店は、僕が本当に気に入ったお店だけです。お店の悪口もウソも書きたくないので、「美味しいなぁ」とか「素敵だなぁ」と心から思ったことだけ書いていくつもりです。

また『玄人による玄人にしか分からない日本酒談義』にはしたくない、と思っています。「日本酒が好き」であれば誰でも分かるような表現を心がけていきます。そして、日本酒にあまり馴染みのなかった人が日本酒に触れるきっかけになればこの上ない幸せです。

日本酒を愛するひとりの人間として、酒をつくる立場(酒蔵)でもなく、酒を流通させる立場(酒屋)でもなく、酒を提供する立場(飲食店)でもなく、「酒を純粋に楽しむ立場」として少しでも日本酒界に寄与できる存在になっていきたいです。そして、世界でも類をみないこの日本独特の飲料文化である"SAKE"を愛する人が増えて、日本酒シーンがさらに盛り上がってくれることを願っています。



日本酒に関する知識に関していえば、僕などまだまだ未熟者ですが、日本酒を愛する気持ちは誰にも負けないと自負しています。このブログを通して日本酒についてさらに深めていき、日々美味しく勉強していきたいと思います。

ちなみに僕が日本酒を好きになったきっかけは、十四代などの「香りのよい華やか系」の日本酒を飲んだことでしたが、最近はいわゆる「辛口系」でも、燗に向きそうなしっかり系や熟成系でも、お料理やシチュエーションに合わせて何でも楽しめるようになってきました。特に最近では、ダラダラとずーっと飲んでられる、飲み疲れしないタイプのお酒が好きです。

2013年10月1日、偶然ですが「日本酒の日」に伺った三軒茶屋の赤鬼さんからスタートさせていただき、これからどんどん素敵なお店を紹介していきたいと思います。どうぞ、宜しくお願いいたします。

直野 秀治郎

旨い酒があるから店に行くのか
いい店があるから酒を飲むのか


2013年10月1日
直野 秀治郎

このBLOGに対するご意見やご感想、どしどしお寄せください。
→ こちらまで

Copyright (C) Hidejiro Naono All Rights Reserved.